2006年6月 6日 (火)

道の為来たれ

Rimg0161d ビックコミックオリジナル連載の「龍-RON-」が先月最終回を迎えました。連載開始が1990年12月なので15年半の長期連載でした。
私自身が小中高と剣道をやってた事も有り、連載当初から毎回欠かさず拝読してました。しかし15年は長かったですね。物語は1928年4月から2001年8月29日までの73年も経ってますが(笑)。
今回は連載終了記念という事で(?)最終回の扉絵にもなった龍の剣の師内藤高治の碑を見に行きました。

Rimg0170Rimg0172

場所は京都市武道センター。平安神宮の隣、京都会館の裏に有ります。武専の剣道場である武徳殿もそのまま残ってます。写真撮るの忘れたけど(^^;。

Rimg0173 私の中での「龍-RON-」もこれで完結という感じです。村上もとか先生楽しい作品を有難うございました。

最後にひとつ。最終ページに描かれた「人類が生んだ星」は、調べたら「H-IIAロケット試験機1号機」の様です。種子島宇宙センターのHPで打ち上げの動画が見れます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

範馬刀牙 最終章

という訳で、早起きしてチャンピオン買って来ました。

ワクワクしながら1Pめくると…RIMG0077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

いよいよ明日…

01590 いよいよ明日は… 週刊少年チャンピオンの発売日です!

そう!「バキ」ついに最終回です!

「グラップラー刀牙」の連載がが始まったのは91年9月、連載期間は14年以上になります。そのクライマックスがついに明日読める! 明日は6時に起きてコンビニに行こうと思ってます。今日眠れるかな?(^^;。

しかーし! 連載はあと1回なのに先週号ラストでバキは愚地独歩にケンカ売られてるし、「地上最強の生物」範馬勇次郎とは対峙すらしてない…。本当に1週で全部終わるのか? 刀牙vs勇次郎は描かれないまま終わるのか…。

秋田書店のサイトの予告には「激闘の末、愛と闘いの真実を発見したチャンプ・バキ。しかし彼を己の相手と認めたオーガは凶暴な牙を研ぐ!! 最強を追い求める漢たちとは…!? 」と有りました。はたしてどうなるんでしょうか…。

まあどんな結末になっても全て受け入れたいと思います。だって14年も楽しませて貰ったんだから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)