« 2006年10月 | トップページ

2006年11月14日 (火)

【LIVE】モーニング娘。@大阪国際会議場

0c_1 11/11、12日に大阪国際会議場へモーニング娘。コンサートを観に行って来ました。
座席は土曜夜が2階Fg列、日曜昼が1階Aa列、夜が1階Bf列でした。土曜のみヤフオク購入。最前列は今年4回目。今年は結構運がいいな。
私にとっては初めてのオシ(紺野、小川)の卒業後の娘。コンで、見てガッカリするのか、何か新しい発見をするのかどっちかなと思ってましたが、土曜の公演見た後の感想は前者でした…。以前はマコをずっと見てたまにコンコンを見て…という感じだったけど、今回は誰を見ていいやらで。結局ステージ全体とモニターを見てました。随分人数減ったなぁと思いましたね。

で、翌日の公演ですが、昼は最前の通路側でかなり良い席でした。厚生年金やフェスティバルホールよりステージが近いし、席間も広いし。
昼公演見てたら99年1月3日の娘。@中野サンプラザ公演を思い出しました。その時も最前列だったけど、当時は特にオシは居なかったんです。ソログッズも無かったし振りマネもしてなかったからオシを作る必要も無かったんだけど。当時はモーニング娘。が好きで、モーニング娘。の歌が好きで…それで充分だったなと。
この日、あの時と同じ8人のモーニング娘。を見て、「ああ俺はモーニング娘。が好きなんだなぁ」と再確認しました。歌も好きだしメンバーの頑張ってる姿も好きだし…みんな可愛いしね(笑)。当分モヲタは卒業出来そうにないな(^^;。

内容の感想は…さゆの成長を感じました。今迄は歌が下手でソロパートも殆ど無かったけど、8人になってそんな事も言ってられないんでしょうね。ソロパートも結構有ったし、歌の部分でちゃんと戦力になってたなと感じました。あとは小春ちゃん。アニメ見た事無いけど(^^;、ちゃんと声優になってるし、歌も結構良かったです。セットリストでは「すっごい仲間」「」「ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。」等好きな曲が多くて楽しめました。「青空がいつまでも続くような未来であれ!」はモーニング娘。で一番好きな曲かも…って位良かったです。

来るべき8期メンバーに期待を寄せて、これからもモーニング娘。を見続けたい、と思います。可愛い子入ってよ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

【イベント】Cutie Circuit 2006 Round II

Dvc00011_1 5日の日曜日にzepp osakaに℃-uteイベントに行ってきました。
zepp osakaは去年の美勇伝ライブ以来1年振りでしたが、駅前に大きなマンションが2つも出来ててビックリ(高い方は建設中)。WTCオープンエアスタジアムの場所にも学校の様な物を作ってたし、ず~っと空き地だったけどこれから少しは開けるんかな。せめてコンビニぐらいは出来て欲しいです。不便でしょうがない(笑)。

Dvc00014_1 CD1枚しか買ってないので昼の部のみ参加。集合時間にちょっと遅れて行ったのが災いしてか座席はR-20。後ろから3列目くらい。で、席に行ってみるとイスが無い!(^^; しょうがないんで立見席に陣取りました。しかしこれは結果オーライで、イベントが始まるとちょうど梅さんの正面でしかも1段高くなってるので目線バッチリでした(^^)。

1,EVERYDAY YEAH!片想い
2,まっさらブルージーンズ
3,大きな愛でもてなして
4,タイムカプセル
5,わっきゃない(Z)

村上さんのパートを梅さんが受け継いだ為にもの凄くソロパートが増えました(^^;。特にわっきゃないは梅さん殆ど歌ってなかったんで嬉しかったなぁ。梅さんも凄く張り切って歌ってる様に見えました。
イベントはファンの集い(\3500)からトークを無くしたって感じで、これがCDのオマケなら嬉しいすね。遠征するまでではないけど。
最後に握手会。立見席だったんでだいぶ時間が有ったんで隣のめぐヲタと喋ってました。今回の握手会は荷物を預けて握手の後に受け取るシステムで、その為に今までよりは幾分ゆったり握手出来ました。2オシの愛理も程々に5人を軽く済ませ本命の梅さんにがっつき(笑)。普段は余り言う事を考えないんだけど今回は決めてました。「絶対辞めたらあかんよ。な!ずっと応援してるし。頑張ってな!」と言ったら梅さんは「ウフフフフッ」だって…。こっちは真面目に言ってんのに! でもこっちの心配(?)もよそに屈託無く笑った笑顔に癒されましたよ。元気そうで良かった。
梅さんで満足し最後の矢島を軽く終え…るつもりだったけど、左手首を右手でギュッと摑まれ「有難うございます!」と予想外の好反応(*´д`*)。ハートをガッチリ鷲摑みされた気分です(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ